海外FXのメリットについて紹介しましょう

fsdf34国内海外FX比較をしてみましょう。海外では日本に比較して多くのハイロー取引や金融商品があり、日本においては扱われていないようなものも多くあります。海外FXの業者では、FX以外にCFD、バイナリーオプション、株式、インデックスなどいろいろな商品を取引することができるようになっています。

また、国内においては規制がレバレッジの倍率において課せられるようになり、最高では25倍にまでレバレッジの倍率が制限されるようになりました。そのため、レバレッジ効果によって運用を効率よく行うことができなくなって、FXのメリットが少なくなってしまいました。しかしながら、海外のFX業者の場合には、ユーザー自身がレバレッジの管理を行うということで高いレバレッジが認められています。

レバレッジが高すぎるというのはやはりリスクがありますが、レバレッジを高くした取引が勝負どころで可能であるため、より有効にFXを利用できるようになっています。また、海外のFX業者で取引を行うと、資産の分散投資、分散管理を行うことが可能です。

資産を日本以外で持つ、あるいは資産を日本円以外で持つというのは、今から世界情勢が変わっていく中で自分自身の資産を維持していく場合に大切な意味を持ってくるでしょう。では、どうして海外のFX業者を日本の投資家は避けてしまうのでしょうか?というのは、海外のFX業者に対して日本人が持っているイメージが大きなハードルになっているのではないかと思われます。

日本人が持っている海外のFX業者のイメージというのは、日本語が分からないので困る、近くにないためお金を預託するのが不安である、運営はどこの国の規則に従って行っているのか分からないため心配である、というようなイメージを持っているのではないでしょうか。

しかしながら、実際はそれぞれの国の金融当局に登録されており、運営が厳しく管理されている業者が多くあります。日本語のサポートもここ1、2年で充実してきており、快適な環境が国内のFX業者よりも整ってきています。

海外のFX業者は、所属している国の金融当局に登録されている、入出金対応が迅速である、入金はクレジットカードからも可能である、日本語のサポートが日本人の担当者によって行われている、リアルタイムのサポートが行われている、取引ツールが豊富にある、いろいろなキャンペーンなどがある、というように、よりいいサービスを行おうという姿勢は驚くほどです。 

ソーシャルレンディング

新しい投資手法としてソーシャルレンディングは注目を集めていますが、高利回りの投資ですからもちろんリスクのある投資であり、まだまだ歴史も浅くて特徴を知った上で利用する事が必要です。

基本的にはネット上でお金を借りたい企業や人、お金を貸したい企業や人、これらを結びつける仲介的な役割を担うサービスになります。

メリットとしては小額投資からも可能になっていて、高利回りな案件が多く、投資対象によっては分配金を毎月受け取る事も可能であり、コスト負担を小さくしながら高利回り融資を行えるのは大きな魅力になっています。

もちろん元本割れリスクを抱えていて、運用に関してはソーシャルレンディングの事業者に指示するkとも出来ず、どういった投資式なのかも具体的に解らなかったり、途中解約も原則としては出来ないです。

投資において利回りが大きいというものは、基本的にはリスクが高いという事に繋がりますから、元本保証ではないソーシャルレンディングを扱う際には注意が必要になります。

投資する側からしても投資先がどこなのか具体的に見えない事は、この投資の特性として仕方ない面でもあり、最初は短期運用で結果が出る案件の投資から開始する事が有効です。

投資先が具体的に見えない仕組みは何故かと言うと、投資家が貸金業法違反に陥る事を防ぐ為でもあり、投資家はソーシャルレンディング事業者とは匿名での組合契約を結んで、事業者が融資している企業から出資が解らない形になっており、投資家からは出資企業が解らない形になります。

こういったシステムにして違反防止に繋がって、ソーシャルレンディングは行えるようになっており、投資家側としても事業者に対して指示する事が出来ないのです。

提示されている利回りを実現出来るかどうかは事業者のスキルに依存する事になり、最近では数か月程度で5%を超える短期案件等もありますから、口座開設を行っていつでも参加可能なように準備が必要になります。

募集をかけてもすぐに埋まってしまう案件も多く、人気が高まっている新しい形の投資スタイルになっていますから、情報収集を積極的に行って案件をチェックしておく事は必要です。

お金を借りたい側と投資したい側を結びつける新しい形の投資であり、事業者側は低コストでの経営を行えるようになりますし、借り手側には低金利で、投資家には高利回りといった形で利益還元の可能性を秘めたシステムです。

ネットが生み出した金融商品であり、じわじわ人気を伸ばしていて、好条件案件はすぐに完売してしまいます。