海外FXのメリットについて紹介しましょう

fsdf34国内海外FX比較をしてみましょう。海外では日本に比較して多くのhighlow取引や金融商品があり、日本においては扱われていないようなものも多くあります。海外FXの業者では、FX以外にCFD、バイナリーオプション、株式、インデックスなどいろいろな商品を取引することができるようになっています。

また、国内においては規制がレバレッジの倍率において課せられるようになり、最高では25倍にまでレバレッジの倍率が制限されるようになりました。そのため、レバレッジ効果によって運用を効率よく行うことができなくなって、FXのメリットが少なくなってしまいました。しかしながら、海外のFX業者の場合には、ユーザー自身がレバレッジの管理を行うということで高いレバレッジが認められています。

レバレッジが高すぎるというのはやはりリスクがありますが、レバレッジを高くした取引が勝負どころで可能であるため、より有効にFXを利用できるようになっています。また、海外のFX業者で取引を行うと、資産の分散投資、分散管理を行うことが可能です。

資産を日本以外で持つ、あるいは資産を日本円以外で持つというのは、今から世界情勢が変わっていく中で自分自身の資産を維持していく場合に大切な意味を持ってくるでしょう。では、どうして海外のFX業者を日本の投資家は避けてしまうのでしょうか?というのは、海外のFX業者に対して日本人が持っているイメージが大きなハードルになっているのではないかと思われます。

日本人が持っている海外のFX業者のイメージというのは、日本語が分からないので困る、近くにないためお金を預託するのが不安である、運営はどこの国の規則に従って行っているのか分からないため心配である、というようなイメージを持っているのではないでしょうか。

しかしながら、実際はそれぞれの国の金融当局に登録されており、運営が厳しく管理されている業者が多くあります。日本語のサポートもここ1、2年で充実してきており、快適な環境が国内のFX業者よりも整ってきています。

海外のFX業者は、所属している国の金融当局に登録されている、入出金対応が迅速である、入金はクレジットカードからも可能である、日本語のサポートが日本人の担当者によって行われている、リアルタイムのサポートが行われている、取引ツールが豊富にある、いろいろなキャンペーンなどがある、というように、よりいいサービスを行おうという姿勢は驚くほどです。